読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歌舞伎に恋をして

「私」に生まれたのは、きっと「私であること」を楽しむため。

神様に守ってもらった千畳敷カール、木曾駒ヶ岳!

長野県の千畳敷カールから木曾駒ヶ岳に登って参りました!

 

 

まさにラピュタ!!!!

 f:id:egglight11:20160820194218j:image

【↑どピンクな私。早太郎のお守りと一緒に】 

 

標高約3,000mには

とても素敵な世界が広がっていました。

 f:id:egglight11:20160820194211j:image

 

 

前の晩から生理痛が酷く


「これはぜっっったい歩けない。。
申し訳無いけれど、友達には一人で行ってもらおう………」

 

と腹痛で登山を諦めていました。

 

 

でも、ロープウェイを降りた瞬間

 

「あれ……?

なんか治った……!!!!!!!」

 

 

と、予想されていた雨も全く降らず、

 

霧も山頂ではスカーーーッと晴れてくれるなど、

最高の登山が出来ました。

 

 f:id:egglight11:20160820194323j:image

 

実は、この「腹痛治り&天気」は光前寺の早太郎のお陰でした。

(と勝手に思ってますw)

 

 

光前寺は、千畳敷カールへ行く「菅の台バスターミナル」から徒歩15分程のところにあります。

 

f:id:egglight11:20160820194300j:image

 

少なくとも1,200年は続く古いお寺です。

 

エメラルドに輝く光苔も有名です。

 

f:id:egglight11:20160820194352j:image

 

 

そこに「早太郎伝説」があり、光前寺に住む山犬が、静岡県磐田市の村娘を人身御供から救った、というのです。

 

なんと、狒々が神の振りをして毎年村の娘を生贄にして喰らっていたとか…

 

それを退治したのが、ここ光前寺の早太郎という名の山犬だったそうです。

 

 

f:id:egglight11:20160820194018j:image

【↑物言いたげな早太郎の像】

 

早太郎は不動明王の化身だったとも言われ、今も厚く祀られています。

 

 

 

そんな光前寺にお参りしていた際、

 

 

「お守りを持って行きなさい。

明日、山に登りたいなら。」

 

 

と、聞こえた気がしました。

 

気がしただけなのですが…笑

 

 

なんとも言われぬ気持ちになり、引き返して身代わり守りを買いました。

 

 

身を挺して生贄を救った、ということで「身代わり守り」が人気のようです。

 

f:id:egglight11:20160820204254j:image 

 

 

いざロープウェイを降りた瞬間に腹痛が治ったのも、雨の予報が快晴になったのも、早太郎が身代わりとなって引き受けてくれたようでした。

 

早太郎が一緒に登ってくれている感覚もありました(^^)

 

 

千畳敷カール、駒ヶ岳へ登山される際は、ぜひ光前寺にもお運び下さいませ。

 

【光前寺】

長野県駒ヶ根市赤穂29番地

http://www.kozenji.or.jp

 

早太郎、不動明王様が守って下さること請け合いです(^^)

 

 

 

*今の時期、千畳敷カールは非常に混み合いますので、菅の台バスターミナルでの前泊がオススメです。

 

「民宿 天山」に泊まったのですが、とっっっても素敵なところでした!!!

 

近い、美味しい、居心地良い!!

 

おばあちゃん、おじいちゃんの優しいおもてなしにほっこりしました(^^)

豪華で美味しい夕食と朝食がついて一泊6,800円ととてもお得です

 

【民宿 天山】

http://www.cek.ne.jp/~tenzan/

 

 

歴代首相の色紙があったり、面白い道具が吊るされてたり…

また泊まってじっくりお話したいなぁ…